AFTER SERVICE
-

日本国内での修理体制

L&JR
L&JR JAPANではウォッチメーカー(時計修理師)が、ほぼ全ての修理を国内で丁寧に対応いたします。修理価格・納期の目安等については下記修理料金表をご覧ください。

修理料金表
保証規定

保証期間
2年間の国際保証
※国際保証期間中は、全世界のL&JR正規取扱店で保証を受けることができます。

保証内容
電子回路部品・機械部品及び外装部品の故障(正常なご使用状態で自然故障を生じた場合に限る)。
出荷時の電池はモニター電池のため、購入日より365日以内の電池切れは保証対象となりますので、無償で電池交換いたします。
※皮革バンド及びご使用中に生じるガラス・ケース・バンド類の小傷、汚れなどによる外観上の変化は除きます。
※保証内容は、原則として修理・調整となります。修理の際、一部代替部品を使用させていただく場合もございます。

修理部品の保有
通常販売終了後から10年間を基準に修理用部品を保有していますが、修理の際、外観の異なる代替部品を使用させていただく場合がありますので、予めご了承ください。
保証対象外となる場合
保証期間中でも次の場合は有償修理となります。

《ご購入日より365日を超えての電池交換》
出荷時の電池はモニター電池ですが、ご購入日より365日を超えての電池交換は保証対象外となります。(ご購入日より365日以内に電池切れとなった場合は、無償交換いたします。)

《レザーストラップ》
ご使用状態やお手入れの状況によりその寿命が変わるため、保証対象外となります。

《外観上の変化》
ケースや風防ガラス、ブレスレットの傷などご使用中に生じる外観上の変化・誤ったご使用や不注意による故障や損傷(衝撃や落下、化学薬品などによる腐食など)・改造などによる故障や損傷・電池交換は、保証対象外となります。

《水濡れ》
非防水時計の水濡れは保証対象外となります。
また防水性能のあるモデルであっても、ケースを一度でも開けた場合は保証を受ける前に密閉性検査を受ける必要があります。

《改造等》
お客様ご自身による修理・改造、または誤ったご使用や不注意による故障及び損傷。

《天災等》
天災・火災・事故などによる故障及び損傷。

《保証書の不備等》
保証書のご提示がない場合、また、保証書に型番、販売店名、ご購入日の記載がない場合、あるいは字句を書き換えられた場合。
有料で修理・メンテナンスを実施した場合の保証内容

修理保証期間
修理完了日より1年間

修理保証対象
《分解掃除実施の場合》精度不良
《部分修理実施の場合》修理箇所
修理保証対象外となる場合
修理保証期間中でも下記の場合は有償修理となります。

  • 誤ったご使用や不注意による故障・損傷
  • 弊社以外で行われた修理作業や改造等による故障・損傷
  • 天災地変による故障・損傷
  • ご使用中に生じる外観上の変化(ケース、ガラス、ブレスレットの傷、変色など)
  • 磁気入りや素材の腐食が起因となり発生した故障・損傷
  • 電池、ストラップは保証対象外です。